植毛と育毛、発毛のコストの違い

薄毛になった場合に一番コストがかからないのが、育毛ですが、これは市販の育毛剤などを使用したり、マッサージをするだけなので、あまりコストが必要ありませんが、育毛剤は1か月分で5000円くらいの価格で販売されているので、長く続ける場合には毎月5千円程度のコストがかかります。発毛は実際に髪の毛を増やすことを試みる治療法なのですが、細くなってしまった髪の毛を太くするのも発毛と呼んでいます。

薄毛の原因は髪の毛の本数が減るだけではなく、細い毛が多くなることなので、健康な太い髪の毛を増やすだけでもボリュームがでます。
発毛のコストは男性ホルモンの含まれている発毛を阻害する物質を抑える薬の処方を受けたり、検査を受けなければならないので、毎月1万円から3万円程度の治療費がかかります。
これを最低でも半年以上続けなければならないので、年間のコストとしては30万円から50万円程度となります。


植毛は移植手術を行って、髪の毛が生えている部分の皮膚を頭頂部や前頭部に移植するので手術が必要となり、この手術は保険の適用外なので、100万円以上のコストがかかります。

またアフターケアも重要なので、何年も同じクリニックに通い続けなければなりません。
そのため専門のクリニックの中には交通費を補助する制度を設けている場合があるので、植毛をする場合には事前に調査をしておくとコストを抑えることができます。

植毛は一般的には最終手段なので、他と比べるとコストが高くなってしまいます。

















関連リンク

メンズエステの必要性について

現在エステサロンにおけるエステは、女性のためだけのものではありません。男性も髭、すね毛やわき毛、体型を気にする方が増えてきたことによって、メンズエステもエステ業界の重要な視野となっています。...

more

植毛は施術後からが本番

植毛手術を受けると、植えた髪の毛によって見た目の髪ボリュームが増えます。しかし、それは一時的な物で毛周期に合わせて植えた髪の毛は抜けてしまうのが通常です。...

more
top